読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aka hOLysHiT

тндйк уoц

BiSの思い出

久々に会う人に必ず

「BiSにハマってるらしいねー」と言われるほど

ツイッターや発言がBiSのことばかりになっているらしい。

 

 

もちろんBiSとは新生アイドル研究会の方で

UKの3人組bisではない。

 

 

端から見たら熱狂しているこの状態でしか書けないことを書いて欲しいと言われ

最新の活動と過去を交えた日記を書いていた。

 

 

 

 

 

 

 

BiS最後のニコ生出演として、今日から1人ずつの放送が始まった。 


今日はファーストサマーウイカである。 
そしてたまたま昨日オーダーしていた新参ヲタである 
ゴローさんからのウイカソニックナースブートTが届いた。 


テレ朝動画でのひとりラジオDJ回で類希な対応力をみせたウイカだが 、緊張していたのかどこかたどたどしい感じが出ていた。 

いつも通りの下ネタとファンへのサービスは忘れずにいたが 
プレミアム会員限定の時間帯では研究員への手紙を朗読し 
泣きながら感謝を述べていた。 


なんというか、この人もひとりの女の子なんだなぁという印象だった。 気遣いができて、でき過ぎてストレスを溜めてしまうところや チェキ会で一瞬戸惑う時なんか見ててわかっているはずだったけど。 
 
 
 
自分がこの体制になってBiSに再注目したのは 
間違いなくこの人のおかげである。 
たまたまやっていた西川貴教のイエノミでの登場のインパクトがスゴかった。 

番組の途中から突然キャバ嬢のていで登場し、 
何故か場慣れした空気感で自分のペースに持っていき 
おまけに名前がファーストサマーである。 
その時の西川貴教の反応は視聴者全員の反応だと思う。 
いまでもそれはニコ動で上がっているから見れる。 
そこからもスーパーサブらしさを発揮するようにトークに介入し 一気に番組のテンションを上げて神回とまでいわれるようになった。 
 
 


自分はその出演の際の姿勢の良さにとても惹かれた。 
BiS=ファーストサマーウイカになった瞬間だった。 


テラシマユフが脱退すると聞いた時にBiSに絶望した事をよく憶えている。 メンバー同士の抗争なんてなんてキモチ悪い事するんだと思ってムカツいてたが どうせプロレスだろうなぁと思っていたところでのそれである。 
 
 
 
 


BiSをはじめて知ったのはやはりMy IxxxのPVだが 
曲を聴いたのはprimal.のremixである。 

当時働いていた店でアニメやアイドルが流行ると見極めて 
その時にアイドルはでんぱ組.inc1stとBiSのprimalを仕入れた。 理由はメタリカロゴだったから。 
 
 

で聴いてみたらそれに収録されていたremixが当時のクラブシーンのキーワードであったアーバンな仕様だったので、店内BGMにしたりするほどに気に入って聴いた。 
 
なんとremixだけしか聴いていなかったので 
オリジナルを聴いたのはライヴが初めてだった。 
vampilliaが対バンするというので見に行ったのである。 

 

BiSを初めて見たCONPASSでのライヴは衝撃だった。 
 

RAMONESロゴのもじりはもちろんIDOLと書かれた公式Tシャツがカッコイイ、 アイドルなのに客のノリがスゴいこと、 
客のTシャツがラフィンノーズとかガチなパンクだったこと、「primal. 」のサビで荒ぶっていた猛者たちがメンバーの振り付け同様、拳を挙げてこっちに向かってクルッと回って目が合って気まずいなど BiSのファン達、通称 研究員への驚きが多かった。 
 

しかしステージ上のテラシマユフの華奢で力強いダンスと存在感はスゴかった。 
まずルックスがタイプだから見入ってたけど、 
延々キープされる笑顔に驚いた。 
 

この人はアイドルに徹しているなぁと。 
アイドルってこういうことか教えられたようだった。 

 

とにかくBiS=テラシマユフだった。 

ライヴに足を運ぶ事はなかったが 
音源は必ずチェックし、スペシャのアニメは見て、 
ニコ生でライヴがあればチェックしていた。 

 

そこからプールイとの抗争である。 
あれは誰が得したのかはいまだに謎だ。 
結果論としてそのおかげでウイサキテンが入ったというがそんな話ではない。 
 


脱退した日に新メンバーお披露目があったことは後々知ったが その最初のライヴに絶望した人が多かったらしい。 

そらいきなり3人入ってきて、そのうちダンス素人が2人だと 全然違うグループになるんだからがっかりするだろうな。 
その時の映像はYOUTUBEであがっているが怖くてまだ見れない。 自己紹介のとこだけは見た。猫を被っているウイカは萌える。 
 


そんな中でのファーストサマーウイカの出現である。 
 

美人でスラっとしていながら強烈な下ネタとガナリ声。 
それでいてTwitterでは自撮りでベストな角度を押さえていて 
しっかりアイドルしているのである。 

テラシマユフの代わりにはなれないが、それ以上のものも持っている。 一度生で見てみたいと焦燥した。 
 

何度も生で見れる機会はあったが見事に都合が合わなかった。 三角公園のフリーライヴの日はその悔しさからか 
なかなかいいDJができたと記憶している。 



長くなったので続きはのぞしゃん回で。 
BiSに熱中している今しか書けない文章を書いてくれという依頼があったので こうやって思い出しながら書いているのです。 
 
 
 

解散まで6日かー早いなぁ。 
 
 
 
 
 
 
 
 

その衝撃の登場はここから見られる。

 

この前回に登場した時のユフちゃんが面白過ぎたのでそれもオススメ。

 

 

 

 

 

 

 

 

コショージメグミ02編集する全体に公開 
2014年07月03日02:00
BiSが東京を街宣車で周り、また新宿駅前でライヴした。 


その街宣車が発信と同時に事故ってサイドミラーがブッ飛んだらしい。 
それで横浜の遊説は中止となったが 
Twitterのトレンドワード上位に食い込んだという 
BiSらしい宣伝効果が得られた。 
運転していた田淵さんが気がかりだが。 


で、新宿駅前では 
全員一人一人による演説が行なわれた。 
AKBのパロディなのか、たまたまそうなったのかは知らないが 
本家に大きく負ける形となったまとまりに欠けるものだった。 

そもそも新宿に集まる人間はもうチケットを押さえているであろうから 
もっと外に向けて発信するなら他にやり方はなかったのだろうかと考えてしまう。 
しかし熱意はスゴい。 
BiSを評論される上で頻出する"エモい"ものだった。 
今までにない論調で語ったのぞしゃんは感動的で 
コショージのスイッチの入り方とボキャブラリーのなさが生み出したカオス演説は 
自分的にアイドルで過去最高に萌えた。 


ニコ生のぞしゃん1人しゃべりは 
昨日とはうってかわってたのしい配信だった。 
思い出話を織り交ぜてコメントをうまく拾いながらしゃべる。 
T美川さんの手紙はもの凄く感動的なものだけど本人は感情的にならず、 
演技で身に付けたであろうイントネーションの抑揚をうまく使って朗読。 
研究員への手紙も殺意を持ったことが多々あると告発しながらも 
笑いと感謝あふれる内容ですんなり終了。 
しかしのぞしゃんかわいくなったなー。 


 

新編成になってライブに行ったのはでんぱ組inc.とのツーマンだった。 

ココ最近面白い事がないというレゲエヴァイナルジャンキーの後輩を 
じゃあ一度アイドルのライヴに行ってみようと誘ってみたのがきっかけだった。 

ただ自分が行きたかっただけだがすんなりとそれを受け入れられた。 
今まで黙っていたが、その後輩は初期AKBはよく見に行っていたらしい。 
俺と仲良くなる人間はだいたい嗜好が似ているなーと思ったり。 


行きたかった大きな理由のひとつに 
BiSONIC YOUTH TシャツとBiSuqremeタオルが欲しかったというのがあったが 
1時間半並んだのに売り切れていた。 
そもそも売っていたのかわからないが、 
コラボシングルはしっかり買っておいた。 

 

その日のライヴは圧倒的にでんぱ組inc.の完成度が高く 
BiSはパフォーマンス力に欠けていたのが贔屓目にみても明らかだった。 
みりんちゃんのセンター感がかっこよくて驚いた。 

しかしファーストサマーウイカはもうエースとして活躍しており 
カミヤサキはいきなり客席にダイヴするなど 
以前の編成ではなかった新鮮さがあった。 


各々の曲のカヴァーではでんぱ組の「IDOL」が素晴らし過ぎて感動した。 
BiSの「でんでんぱっしょん」は悪い意味でカオスだった。 
 


両組のでんぱ組とBiSを交えたMCで 
最上もがが早速言い放つ 
 
 

「コショージさんアナタ振り付け憶えてないでしょ!」 
 
 

BiSの加入したての新メンバーであるコショージメグミに絡む。 
それに対して 
 
 

「見ててくれたんですか?」 
 
 

となにやら感動していた。 

ここでまた自分の変な女センサーに引っかかってしまう。 
事前にネットで情報は仕入れていたが、こんな人だったのか。 

指摘の通り動きの悪さはやはりコショージが大きな要因だったのであろう。 
後々の評価でもコショージ加入で研究員のテンションが下がったとされている。 

しかし自分的には気になって仕方がなかった。 
このふてぶてしさ、金髪、不思議発言。 
メグモンのあだ名がありながらコショージと呼ばれる新人。 
 

研究員のノリは相変わらず激しいけど 
モッシュピットにおいてのマナーや助け合いの精神が素晴らしかった。 
みんなパンクやラウドシーンを経ている人が多いんだろうな。 
このことをツイートしたらサキちゃんがファボってくれた。 
 

このライヴで後輩はテンテンコにドハマりし、 
それプラスでもがちゃんのブログをかかさずチェックするようになる。 

 

 

 

 

 

 

この後、自分は半レギュラーで出ている"いいにおいのするイベント"で

Especiaと大森靖子さんとご一緒する事になる。

 

その際にEspeciaの楽曲プロデューサーSchtein&LongerによるBiSの楽曲を

織り交ぜてプレイしていたところ、会場にいた研究員(BiSファンの呼称)が大いに反応し、イベント終了後BiSをかけてくれと言われまくり、アンコール扱いとしてまたプレイ。

 

その時BiSの楽曲についてさほど詳しくなく、持ってきていた音源も上記のものとBiS階段のみだったが、とりあえずプレイ。

 

nerveのサビで俺が指差しをすると研究員たちが指を指してくる。男だけで完結してしまっているこの画が端から見たらものすごかったんじゃないだろうか。

 

 

最終的に大森靖子さんもフロアに来てみんなで輪になってprimalを踊ったのはDJ人生で最高の瞬間のひとつだった。

 

 

あの場にいたみなさん、本当にありがとうございました。

 

 

 

そこで親しくしてもらってるspeakraw主宰者ケンホーさんに

Especiaの握手会を勧められて、はじめてアイドルの"接触"を行なう。

なんかスゴいシステムだなーとか思いながらなかなか楽しかったので

今まで敬遠していたがBiSの"接触"に行ってみようと思い

タワレコに向かう事となるのだった。

 

続く

俯瞰しよう2

自分の日記にSNSについての文章がふたつあったことに気づく。
インスタグラム
2014年04月17日02:08
SNSは世界と繋がると言われ続けて結局のところウチワを超えられない。 


かと思っていたがインスタグラムでハッシュタグを付けたら 
本当に知らない外国人と繋がったりした。 

やはり強いのは#ANIMEだろう。 
それきっかけで話しかけられて 
スキンケアが異常に好きな10代のアメリカ人と繋がった。 
SK2とか使っているらしい。10代なのに桃井レベル。 

セーラームーン好きのタイ人や 
コスプレ好きのスペイン人も繋がった。 
アニメはほんとうに強い。 
やっぱり話せる人が少ないのだろうな、とくに海外は。 


外人じゃないけど 
最近だとBiS階段関連の画像をあげたら隠れBiSファンと思われる人や 
ハードコア界隈の人と繋がったりした。 

その中でも#idolタグにひっかかったのだろうか、 
自分の事をかわいいとわかっているネットアイドル未満的な人とも繋がった。 

決してアイドルとかそんな感じになろうとはしていない。 
自分で作った晩ごはんを必ずアップしたり 
カメラ目線ではないちょい横顔の画像をあげたり 
スタイリングを披露したりしている。 

そこにつくコメントは 
かわいい!とか 料理うまいね!とかかる~い感じで 
そのコメントに対して返事するわけでもない。 

プロフィールは英語でちょろっと誕生日を書いたり 
ファッション好きって書いたりしてる程度。 

一体何を求めているのか。 
寂しさがそうさせているのか。 
褒められたいのか。 

しかしこの感想は全て自分に跳ね返ってくる。 
そして字画だけ眺めたら 
褒められたい子供そのもの。 

SNSは現代の幼児退行の象徴という指摘があるが 
この繋がりも結局幼児のふるまいなのだろうか。 
たしかにセカイ系的ではある。 

それはともかく、 
インスタが他のSNSよりもつながりやすいのは 
やはり画像だからだろうな。 
言語はいらないから。 
言語のいらないコミュニケーションはまさに幼児、それ以前だ。 
 
 
 
 
ツイッター
2014年05月15日02:53
ツイッターを1週間タイムラインを追う事をやめた。 


大きな理由は電池消費が酷過ぎることからだったけど 
なんとなくそのまま放置してみた。 

そしたらどうでしょう。 
本を読む時間が増え、音楽にしっかり集中でき、 
さらにはストレスが軽減したように思える。 


時間や集中力については物理的にそうなり得るのはわかる。 
ではストレスは一体なんだったんだろうか。 

なんとくなく思うのは、 
とにかく悪口、もしくはどこの身分でモノ抜かしとるねん的なツイートを 
目にしなくてよくなったからではないか。 

文字にはノイズが含まれないので、 
ギャグで言ってるつもりが本気に聞こえてしまう。 
実際それをツイートすることによって本人もギャグのはずが 
次第に気持ち的に本気になっているのではないだろうか。 
言霊は別に口にする事だけではない。 

どこの身分でツイートは純粋に 
ネット番長というかネトウヨというか冷笑野郎とか言われる類いの人間で 
そういう奴のギャグツイートもろくに面白くない。 
じゃあフォローはずせよという話だが 
人間関係ってめんどくさいねな話なのでできない。 


あとフェイスブックなんか特にそうだけど 
週末をエンジョイしないと死ぬことになってそうな人々の記事って 
なんか息苦しくなる。 


そう、要は自分にはツイッターの才能があまりないのだ。 
5年やって気づいた。 

対策として 
リストに強いJanetterで知りたい情報のみを表示させることと 
極力発信はインスタやタンブラーを経たものにしよう。 


エドガーライトの新作がまだ梅田でやっているらしい。 
早く見に行きたい。 
 
 
 
アンダーカバーの高橋盾氏もツイッターフェイスブックはやめたが
インスタグラムを始めた。
ちなみにヒステリックグラマーの北村氏も始めている。
やはり行き着くところはそれなのかもしれない。
 
アイドルメディアの中で最も優れているのはアイドル自身のインスタ画像・動画
という持論を持っているけど、やはりそれは発信する人の対象物への近さが大きな理由だろうな。
楽屋でごはん食べてると事か、そういうどうでもいいはずのものを見たいから。
文章はやはり遠ざけてしまう、それはそれで各々が想像して楽しいけど。
(これこそどうでもいい話だけど、#ねむのピン回し に勝てるタグはあるのか?)
 
 
上記の日記で「発信は別アプリからをメインにする」と宣言してから、
ツイートへの反応が多くなりフォロワーも増えた。
自分にとってムダなものは人にとってもムダだったということだろうか。
 
エドガーライトの映画は結局見に行けなかった。
 

俯瞰しよう

このはてブを始める前にmixiで日記を2ヶ月ほど続けてみた。

文章の練習をするためだったが、2ヶ月じゃ成長は特になかった。

 

その過去の文章で評判のよかったやつが以下。

 

 

 

2014/4/17彼女ができない

 

彼女ができないとのたまう人は声優にハマるといい。 


人によってはキモチ悪い話なので読まない方がいいです。 



以前、「とある科学の超電磁砲」というアニメにハマった。 
で、仲間内で話していたらその番組のラジオが面白いという話になった。 
アニメにはそれの販促のためにラジオ番組がネットで放送されているという 
カルチャーを知った時だった。 
まぁそれはいいとして。 

すさまじく抵抗があったが勧められたものはちゃんと鑑賞するという姿勢のもと聴いた。 


周りの人間が引くくらいハマった。 


最初ぎこちなく話している伊藤かな恵豊崎愛生の2人が 
時が進むにつれてくだけていき、自然とボケとツッコミの関係が生まれ、 
衝撃的な天然ボケを見せたり、この空間だけに通用するウチワネタができたりする。 
このストーリーが生まれて行く過程がもはや本編以上にファンタジック。 
番組が終わってもこの2人の絡みを追い続けたくなる心理すら生まれる。 


そんな2人にもハマっていくわけだが、 
顔は芸能人レベルではかわいい方ではない。 


まぁファンの方怒らないで。 
ちゃんと続きがあります。 


そら声の仕事の人だもの。 
抱きたい女ランクに入るような人たちには届く事はない。 

しかしこの2人が「かわいい」のは知っている。 

そこで「かわいい」のパラダイムシフトが起こった。 
以前から言われ続けて重々承知だが、人は顔だけではない。 

声、愛嬌、性格その他諸々ルックスという二次元ではわかりえない 
ノイズ込みでグルーヴするものが「かわいい」ことに気づく。 
むしろルックスは二の次でそのノイズ核があることに気づくのだ。 

それらを踏まえて上記の2人の画像を見たら 
あらかわいい と認識されるようになったのだ。 


それに気づきいろいろとラジオを聴くようになる。 
情報交換ができる友人がいてホントによかった。 

そうやっていくうちにルックスのかわいいの基準がおかしくなったのか 
え、あれがかわいいのか?とかハードル低くない?とか言われる事が多くなってきた。 


と、ここまで書いたら冒頭の意味はもうおわかりですね? 

テレビをやたら見る奴なんかは特にだけど 
自分のしょうもなさを棚に上げてやれブスとか幸が薄そうとか 
理想だけはいっちょまえに高い奴が多過ぎる。 
ここらでひとつ、声優ラジオにハマり声と愛嬌に執着し 
写真には写らないかわいらしさに気づけばいいのではないでしょうか。 


しかし、これといって面白くない美人とかコンサバな美人に対しては 
もういじめの主犯格にしか見えなくて恐ろしさを感じるようになった。 
AKBの上位なんて恐怖でしかない。 
平気でローキックとかしそう。 


てか美人が怖い! 
カタカナが入った名前の芸能人怖い! 
たいした実力もないのにモデルと言い切ってテレビでエラそうにしてる奴怖い! 
なんか意識高い女怖い! 
変な白いスカート怖い! 
ワイン飲むのに講釈垂れる女怖い! 
EDM好きな女怖い! 


ただ単に変な女とオタクっぽい女が好きになっただけのような気がしてきた。 
書いてみないとわからないことってあるもんですね。

 

 

非モテ層の支持がありました。

しかしその後の日記を見てみましょう。

 

2014/5/19  アメアパ

 

アメアパに行った。 


蛍光色のソックスが欲しかったので行ってみた。 
靴下屋とかそのへんの服屋には女性用だとネオンカラーはあるけど 
男向けのはなかなかない。 
ゆえにアメアパなのである。 


アメアパにはEDM聴いてそうな女とか 
MTVのVJみたいな女がたくさんいた。 
そそくさと階段を上がる。 

メンズのフロアに行って靴下を見つけた。 
なんか同じような靴下で値段が違うものがあった。 

沖縄旅行を南国バカンスと言いそうな女性店員に違いを尋ねてみた。 
とても丁寧に教えてくれた。 

レジに持って行ったら 
プロアクティヴを使ってよかったと言いそうな女性が 
3点買うと1点追加で差し上げれますよ?と聞いてきた。 
結構ですと言うと嫌な顔せず、 
むしろ笑顔でまぁ4足は多いですよね的なこと言って 
こちらが気を使わないように気を使ってくれた。 


先日、ちょいギャルい友人ができた。 
はっきりモノを言うし笑顔で気を使わなくていい感じの人である。 



偏見で人を選ぶのはどうかと思います。 

 

 

1ヶ月で人は成長するものなのですね。