aka hOLysHiT

тндйк уoц

'14秋アニメ

下記はあくまでも個人の感想です。

 

 

 

2014-10-10 02:11:00 
テーマ:
mixiで5ヶ月ほど日記を書いていたけど
それに影響されて書かれたであろうマイミク(ほぼ死語!)の日記を読んだところ、
ものすごくテンションが下がったので止めた。


アイドル様にコメントを書くために作ったこのアカウントだが
ブログ機能があったのでなんとなくまた始めようかと思った。
前見たいに突然止めると思うけど。



秋アニメを少々見る。


寄生獣


自分の人生で影響を受けた三大マンガのひとつであるマンガのアニメ化。
始まる前からアニメでのデザインを酷評されていた。
とらドラ」も最初そんなこと言われながらも名作になったことを忘れたのだろうか。

美術部の女の子を早速シンイチと知り合いにさせていたり、
あの殺人鬼(名前なんだっけ?)の存在をチラつかせたりと
面白そうに編集してある。
スマホタブレット、服を着た仔犬など
時代背景を現代にしてあることを印象づける演出もいい感じ。

評価がわかれたのはミギーの声が大きいと思われる。
自分は金田朋子みたいな高い声をイメージしていたので平野綾の声は完璧だった。
オッサンの声をイメージした人が多かったらしく、
多分その声に答える形で実写版は阿部サダヲなのだろう。

ミギーの声へのイメージは心理テストになりそう。どんな意味があるのかは知らないけど。

とにかく、面白かった。
批判の声は原作へのしがみつき以外特に見られなかったのでまともな意見を見ていない。



「甘城ブリリアントパーク」

京アニらしく伏線の回収からキャラ紹介、ストーリー説明と1話のまとめ方がとても丁寧。
転校生、過去の記憶、ラッキースケベなど青春ものの王道要素が早速出て来ているが
テーマパークの立て直しという変わった目的なので面白そう。
キャラがエロゲみたい。

サイコパス2」と「4月は君の嘘」も楽しみ。


てーきゅうとかあいまいみーみたいなギャグ枠あるのかな?

 

寄生獣」は大阪では放送してないのでニコ動で見ている。

日テレアニメってなんで大阪でやらないの多いんだろ。

 

 

2014-10-17 05:57:41 
テーマ:
「なりヒロWWW」

gdgd妖精s2期スタッフの新作。
ヒロインものでgdgdしているのは敵キャラ同士の会話なのだが、
関東の笑い独特のしつこいねばっこいしゃべり方で展開されるので
自分的にはかなりキツい。
在日ファンクのハマケンなんかもあのノリで笑いをとろうとするけど
ほんとイライラするだけなので極力見ないようにしている。

肝と言えるアドリブによる大喜利パートはなぜか別の動画で用意されている。
しかも中途半端な時間なので笑いが起きる前に終わってしまっている。
もちろん素人の大喜利なので答えそのものに面白みがあることはそうない。

だが、それを引き延ばすように話して行く過程で
出演者のキャラやノリが浮き彫りになって
中の人とアニメキャラの境界線がなくなっていくことによって
この形式ならではの笑いが起きる事がgdgd妖精sで実証されたのに
それに則らないので中途半端になっている。
石ダテコー太郎と差をつけたいのかどうかは知らないが
巽悠衣子という超絶天然キャラをキャスティングしているのだから利用しない手はない。


「SHIROBAKO」

"花咲くいろは"などでおなじみのPA WORKSと
"じょしらく""ガールズ&パンツァー"など傑作を生み出す水島努監督がタッグを組み、
アニメ業界を描いたアニメ。

アニメ同好会での活動をプロローグにし、
大人になり現場で仕事を始めるところでストーリーを始めるという
青春ドラマのその後を描いたような見せ方でまず引き込まれる。
水島監督ゆえのテンポ感でとにかく目を離せない展開は一気に話が進む。

"スウィングガールズ""ハッピーフライト"の矢口史晴監督作品のように
ニッチな世界を取り上げているものの、
特に説明がなくても専門的な知識を話の過程で見ている人にわからせる手法は見事。


これ今のところ今期1番面白いかも。


サイコパス2」
前作の続き。
前期の再編集版で初めて見たけどめちゃくちゃ面白かったので今期ももちろん期待。

前回最終回から登場した新人が百合ってたり(しかも声優が佐倉綾音)、
ヘタレイケメンが出てきたりとヲタに対してのサービスがやや過剰か。

うちのPCが低スペックゆえに公式サイトが見れない。


「4月は君の嘘」

クラシック音楽を絡めた青春もの。

冒頭で女の子が子供たちに「音楽には国境も人種も関係ない」とか
聞いてもいないのに語り出した時点でダメだこりゃと落胆。
ハチクロBECKをごっちゃにしたようなテンションにもついていけず。
OP曲が劇中にかかったり曲の説明とかしたりムダに宣伝されていて気分が悪い。
その曲も自己啓発応援歌系でげんなり。

話はズレるけど
応援歌系の音楽って音楽に勇気づけられた(と思っている)から
音楽でみんなを勇気づけたい!みたいな就職活動で無理矢理理由づけた動機を
素でやるというなんともコントのような行為だと思う。
大きな橋を見て感動して建築したい!ならわかるけど
体をビルドアップして自分自身が橋になってさぁ渡れ!と言ってるような
努力の方向音痴っぷりを感じる。

この一貫して見られる"傲慢さ"がSNS世代を思わせるなぁと思う。


「クロスアンジュ」
水樹奈々出演のロボットアニメ。

女王様がその世界で卑下される人種だった事が発覚し堕ちるという展開なのだが
なんかその過程に出てくる母の死とか差別とかがやたら軽く表現されている。
で、1話の最後に女王様は全裸にされて身体検査と称されて
尻の穴まで広げられるということになるのだが、
何故かそこだけやたらと重く表現される。
母の死よりも尻の穴なのか。

これも正義とはなんなのかと問う系の話なのかも。


「デンキ街の本屋さん」
秋葉原とか日本橋なんかにある本屋さんの話。

そこでしかわらかないあるあるで話を進めるのかなーと思ったら
いきなり2話でその街の運動会が行なわれだした。
もうネタが尽きたのか、それともパン食い競争じゃなくてパンツ食い競争という
クッソくだらないギャグがやりたいがためにリアリティを捨てたのか。
なんにしろ笑いのセンスが合わないのでもう見ない。



総括すると、
自分にはそろそろアニメを見るセンスがなくなってきたのかもしれない。

 

 

「なりヒロWWW」でアドリブパートが少ないって書いてるけど

よくよく考えたら「てさぐれ!部活もの」でもそんなに時間は長くなかった。

gdgd妖精sやてさ部はニコ生やラジオがあって

メンバー同士のノリがいい意味でも悪い意味でも強くなった。

なりヒロはこれからニコ生とかやるんだろうか。

完全大喜利である「なりヒロ検定」はこれからが期待。

 

 

2014-10-21 12:36:49 
テーマ:
テラフォーマーズ

たしか原作は「このマンガがすごい!」に選ばれていたんじゃないだろうか。
進化したゴキブリと戦う人類というSF作品。
話の設定とかいろいろしっかりしてるけどグロ規制が入り過ぎて
わかりにくいしなによりあそこまで規制されたら"大人の事情"が妨害して入り込めない。
毎週見るよりもまとめて見たほうがいいタイプの作品かも。

それにしても金持ちが地下で見せ物をみるシーンってよくあるけど
あれって実在するのだろうか?
そして元ネタはなんなのだろうか。

 

「Gのレコンギスタ」

ガンダムで富野監督作品ということで見る。
キャラのしゃべり方や挙動、カメラワーク、背景の質感などノスタルジックに感じる。
なんの思い入れのない人間が見ても
これはガンダム好きにはたまらないんだろうなぁというのがわかる。
流れで設定を解説するのはうまいけどいかんせん聞き慣れない設定が多いのでしっかりとはついていけない。

アニメ好きな人とこの作品の話をしたら
過去作品との比較、オマージュなどを聞いてもないのに語り出しそうなので
会話の話題にはしたくない作品No.1。



結城友奈は勇者である

またよくわからない部活ものかと思ったら変身ヒロイン作品だった。
変身シーンのBGMとか衣装がまどかマギカっぽい。
変身ものにも女の子が戦う作品にも何の思い入れもないので入り込めず。


「ガールフレンド(仮)」

一時期信じられないペースでCMされてたケータイゲームのアニメ版。
まさかの百合アニメだった。
豪華声優陣出演なのでそのキャラの話を見て楽しむ感じだろうか。


Fate/stay night [Unlimited Blade Works]

Fate/zeroにはハマったのでもちろんこれにもハマれた。
ハリウッド作品に日本が抵抗できるのはこういう完成度の高いアニメだと思う。
zeroの時のようなハードボイルド感よりも萌え要素高めかも。
設定を忘れてるところもあったので
初見にもわかるように説明してくれてありがたい。



読み直すとやっぱりアニメを楽しむ才能があまりないことに気づく。
ロボットアニメ多いなー。
ロボットアニメも全く思い入れがない。
そもそも深夜アニメをまともに見れるようになったのが
25歳くらいからのらき☆すたなので
オールドスクールな設定ものにはいまだに抵抗すら感じる。



音楽は今のところ
なりヒロWWWのOPとEDがベスト。
作っているのがfu_mouとPANDABOY。
アニソンリミックス界隈の代表格がとうとう公式に。
まだ全部聴いていないので"回レ!雪月花"クラスの
バリバリのアニソンがあることを期待。

 

エヴァ今敏関連はちらっと見たけど

中高生の時とか恥ずかしくってテレビのアニメなんか見てられなく、

大人になって嫌でも目に入るMAD動画がきっかけで

やっと気持ちの余裕が生まれたのか見れるようになった。

そんなタイプのアニメファンの意見です。